株式会社バンダイナムコエンターテインメントの求人|弁護士や法務の転職・求人情報なら「弁護士転職.jp」

掲載期間:2021/01/13 ~ 2021/04/07

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

非公開求人

    • ポジション

      法務担当 ※エンタメ業界大手の法務ポジション

    • 勤務地

      東京都

    • 給与

      600万円 ~ 1000万円

    • 想定年齢

      30歳 ~ 37歳

    • 対象修習期

      57期 ~ 71期

※この求人は非公開求人です。
応募相談はC&Rリーガル・エージェンシー社へ繋がります。

求人のおすすめポイント

【多様な“エンタメ・コンテンツ”をグローバルに展開】


バンダイナムコエンターテインメントは、キャラクター等の知的財産を用いたコンテンツの企画・制作による「IP(Intellectual Property)軸戦略」を主軸として、ゲームのみならず、幅広いエンターテインメント領域で事業を展開しています。純粋持株会社バンダイナムコホールディングスのもと、バンダイナムコグループ(以下、グループ) の中核企業として、ネットワークコンテンツ事業、家庭用ゲーム事業、イベントの企画やグッズ販売等のサービスを含むライフエンターテインメント事業をグローバルに展開していることが特徴です。

【経営に直結するプロアクティブな活動を期待される】


当社法務は2020年4月より、「法務知的財産室 法務知的財産部」という名称となり、各事業ディビジョンやビジネス戦略室、経営推進室 と並ぶディビジョンとして新たに始動。これは、数年前より注力してきたネットワークビジネス等におけるワールドワイド展開の法務対応、そしてその成果が認められた証といえるでしょう。国内はもとより、アジア、欧州、アメリカなど、世界に約60拠点・120社を有する当グループにおいて、そうした成果に貢献してきた私たちに、グループ全体に対しても“法務の存在感”を示していってほしい、“法務の力”を示してほしいという、経営からの期待があると捉えています。ですから、これから当社法務にジョインいただく方には、一企業の法務担当としてだけではなく、グループ全体を鳥瞰し、新しいモノ・コトをそれぞれと共につくり上げていく気概と意欲が求められると考えています(松川仁美氏/法務知的財産室長)。

【事業部との連携、“ビジネス加速機能”の役割が求められる】
法務知的財産室 法務知的財産部は、法務課(22名)と知的財産課(14名) の陣容です。前者の法務課は、ビジネス法務係 (契約審査・作成、法的支援業務等)、企業法務係(コンプライアンスや株主総会・取締役会対応業務等)、渉外法務係(各種業界団体、権利侵害関連業務等)、管理係(法務関連システム構築・管理、重要情報管理) で構成されており、今回募集・採用する方の配属先およびポジションは、法務課の主任相当職(チーフ) を予定しています。

法務課の主な業務は、契約書作成(25%程度が海外取引)、法令遵守のための社内方針やガイドラインの作成、事業への法的支援(アドバイス)業務などで、契約書については基本取引契約のほか、売買、業務委託、秘密保持契約、製造委託、共同開発、共同出願、ライセンス等となります。当社では、リーガルオペレーション担当(法務関連のシステム管理、契約管理)も置いているので、業務管理はある程度、効率的に遂行できていると思います。その分、事業部の各プロジェクトにチームメンバーの一員としてスタートから参加するなど、法務としてリスクヘッジの役割を果たしながらも、“ビジネスを加速させるための協働”に時間を多く割り当てることができます。例えば、私たちは欧州のGDPRについて、法案施行以前の早期段階から着目していました。法案施行前の2014年頃、モバイルアプリを日本から海外へ直接配信するにあたり、事業部側も海外の個人情報保護法制への対応に関して高い関心を持っていたため、即連携して事業化に成功できたのです。こうした事業部との連携力や一体感の強さが、当社法務の強みでもあります。

また私たちは、国内法務・海外法務とポジションを区別することなく業務を行っており、“グローバルの法務”としての意識を高く持っています。国内外の動向に法務として目を光らせ、“先手先手”で事業部および経営に提案できる戦略法務を常に標榜しています(デイタム・マシュー氏/米国弁護士/法務知的財産部 法務課マネージャー)。

【活躍の舞台は、グローバルに広がる】
当部では常時、欧州+10~15カ国程度にわたる海外法務業務が動いています。当社事業・業界に精通した海外法律事務所とのネットワークも強固で、業務の過程で、現地法に長けた弁護士との連携業務も多いですね。また、海外でゲーム業界の大規模イベントが開催される際は、その会場で法律関連のカンファレンスが開催されることもあるので、そうした場に法務メンバーも積極的に参加しています。昨年度は、そのネットワークを利用してゲーム業界の法律カンファレンスを企画し、日本開催を実現しました。

毎年、「ワールドワイドミーティング」という当グループ各社の法務メンバーが集まる機会も設けています。そこでは当グループのビジネスにかかわる情報共有のほか、各国の法務メンバーが講師となって、各国の法律事情を学ぶための勉強会も開催。法務メンバーが持ち回りで講師となることで、自分自身の知見をブラッシュアップする良い機会になっています。このように、当部ではグローバルの知見を深め、人脈を広げる機会も豊富です。これまで海外のグループ会社との交流は毎月のテレビ会議や短期の出張を基本としていましたが、今後は国内外の法務の人材交流を推進していければと考えています。

また法務課として今後、法律面だけではなく、例えば“サーバとゲーム側はどうつながっているか理解する”、“ソースコードについての詳細を把握する”など、技術的な知識の習得についても、当該各ディビジョンと連携するなどして学ぶ機会を設けていきたいと考えています(デイタム氏)。


【新しいことに積極的にトライする】


法務課のメンバーの年齢は、20代6名、30代8名、40代5名、50代2名、60代1名という構成です。男女比は3対1程度で、6名がキャリア採用(弁護士資格者含む) です。働き方については、緊急事態宣言解除後も基本的にテレワークで業務にあたるメンバーがほとんどです。緊急事態宣言をきっかけに、現在はフルフレックスが導入されており、育児・介護などの状況により、チームメンバーと相談をしながら各自の裁量で勤務時間や在宅勤務について調整することが可能です。全社で在宅勤務制度を導入した際、いち早くトライしたのも当部で、“古いやり方にとらわれず、まずは何でもやってみる風土”が出来上がっていると思います(デイタム氏)。

【ビジネスを楽しめる方と働きたい】
先述のとおり、今回採用する方は、法務課の主任相当職を予定しています。法務課内のメンバーはもちろん事業部とのコミュニケーションが円滑にできる方、および経営に向けてアドバイスできる意欲ある方を歓迎します。“海外の法律事情に詳しい/特定の法分野に詳しい”ことよりも、各国の法律事情の違いを理解し、法律を武器にして、どうしたらビジネスを加速できるか?を柔軟に考え、わかりやすく相手に伝えられる力がある方のエントリーをお待ちしています。当社の経営も事業部も法務に対しての理解があり、アドバイスを尊重してくれています。部内・課内だけでなく、そうした土壌を生かして、ビジネスの現場を盛り上げることを楽しめる方と共に働きたいと思います(デイタム氏)。
 
【メンバーからのメッセージ】
私は、一般民事、家事事件、刑事事件、行政事件等を扱う法律事務所から転職してきました。入社してまもなく、当社初のスポーツエンターテインメント事業となる「島根スサノオマジック」(プロバスケットボールチーム)の経営権獲得・運営参画に関し、同プロジェクトの法務担当として関与させてもらいました。周囲の協力を得ながらとはいえ、メイン担当として業務を任せてもらえたことに大きなやりがいを感じました。また、例えばeスポーツにおいて、関係省庁やJeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)、および他のエンタメ・ゲーム企業と“垣根”を超えて連携し、業界をリードするような方針を策定するプロジェクトにも関与しています。そうした活動に参加できることも、当社ならではと考えます(瀧本咲希氏/69期/法務知的財産部 法務課アシスタントマネージャー)

オフィス廊下に「パックマン」!

Worldwide Legal Meeting

募集要項

  • ポジション

    法務担当 ※エンタメ業界大手の法務ポジション

  • 業務内容

    同社の法務課にて、契約法務業務を主としてご担当いただきます。
    ・契約書の作成(うち、25%程が海外取引)
    ※外国法弁護士が2名在籍しているため、英語の実務経験がない方でも問題ございません
    ・法令遵守のための社内方針やガイドラインの作成
    ・事業への法的支援(アドバイス)業務  など

    契約書に関しては基本取引契約の他、売買、業務委託、代理店契約、
    秘密保持契約ソフトウェア受諾、製造委託、ジョイントベンチャー、
    共同開発、共同出願、ライセンス などがございます。

    【募集背景】
    組織強化のための増員です。
    同社では近年新入社員の採用が増加したこともあり、法務部にも若手が多い状況です。
    そのため、若手社員を指導いただけるような、経験者を募集しています。

    【組織体制】
    法務・知的財産部はゼネラルマネージャーのもと、法務課(20名程)、知的財産課(17名程)
    に分かれており約37名が所属しています。
    法務課内では更に
    ・企業法務チーム(コンプライアンスや総会対応業務など)
    ・渉外対応チーム(各種業界団体、権利侵害関連業務など)
    ☆ビジネス法務チーム(契約審査、作成など) ←本ポジションはこちらの配属予定となります

  • 必要な業務経験

    <弁護士資格をお持ちの方>
    ・日本法弁護士資格
    ・企業法務経験 3年程度
    ※事務所経験のみの方の場合、出向で事業会社での勤務経験が必須です。
    ※事業会社での勤務経験がある方:法務部経験でなくても歓迎です。
    ・ゲーム、エンターテイメントに興味がある方(業界経験不要)

    ■歓迎経験
    ・企業での勤務経験 3年程度
    ・エンターテイメント業界での勤務経験
    ・M&Aや企業統合についての法律知見
    ・労務関連も含めた幅広い法律知見

    <法務担当の方>
    ・法務経験(契約書作成、法律アドバイスなど) 4年程度
    ・ゲーム、エンターテイメントに興味がある方(業界経験不要)

    ■歓迎経験
    ・エンターテイメント業界での勤務経験

  • 雇用形態

    正社員 試用期間:6ヵ月

  • 勤務地

    東京都

  • 勤務地(詳細)

    〒108-0014 東京都港区芝5-37-8 バンダイナムコ未来研究所

  • 給与

    600万円 ~ 1000万円

  • 給与詳細

    ・賞与:年2回(業績連動型)
    ・昇給:年1回(実績に応じて)

  • 想定年齢

    30歳 ~ 37歳

  • 想定年齢(詳細)

    30代前半~半ば位まで

  • 年齢制限の理由

    技能/ノウハウ等の継承の観点から、年齢構成を維持/回復させるために特定年齢層を対象とする

  • 対象修習期

    57期  ~ 71期

  • 個人事件の受任

    • 不可

  • 勤務時間

    ・9:00~17:30(所定労働時間 7時間半、休憩60分)
    ・フレックス制度:有(コアタイム 10:00~14:00)

    【現在導入している「新たな働き方」(運用ルール)】
    ・週2~3日の在宅勤務推奨/毎週金曜日は全社共通「在宅勤務推奨日」
    ・勤務コアタイム無し

  • 休日・休暇

    完全週休2日制(年末年始休暇、夏季休暇含め年間126日/2019年度)
    年次有給休暇(初年度10日。最高20日まで付与)ほか

  • 福利厚生

    退職金制度、社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)、介護保険加入(40歳以上)、財形貯蓄制度、社員持株会、慶弔見舞金、育児休業、介護休業など

  • 受動喫煙

    屋内原則禁煙(喫煙室あり)

  • 採用予定人数

    1名

選考プロセス

  • 選考プロセス

    書類選考の後、面接:3~4回(予定)
    ※選考途中でWEBにてSPIを受験いただきます(参考程度)
    ※応募時に志望理由も併せて担当エージェントへお伝えください。

企業情報

  • 企業名

    株式会社バンダイナムコエンターテインメント

  • 事業内容

    ■ネットワークコンテンツ事業:モバイル、PCなどで楽しめる、魅力的なIPの世界観を活かした数々のコンテンツをワールドワイドで展開しています。中でも2015年より展開中のスマートフォン向けゲームアプリ「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」は、2017年7月に2億ダウンロードを突破するなど、日本のみならず世界中の多くのお客様にお楽しみいただいています。
    また、株式会社BXDが立ち上げるHTML5新プラットフォーム向けにもタイトルを配信するなど、ライフスタイルやユーザーの楽しみ方に合わせた新しいアソビの提供を次々と行っています。

    ■家庭用ゲーム事業:様々な家庭用ゲーム機の特性に合わせて、バラエティに富んだソフトを発売しています。人気のIP「機動戦士ガンダム」「ドラゴンボール」「NARUTO-ナルト-疾風伝」等の世界観を活かしたゲームシリーズをはじめ、幅広い層にお楽しみいただいている和太鼓リズムゲーム「太鼓の達人」シリーズ、eスポーツでも注目を集めている格闘ゲーム「鉄拳」シリーズなど、数多くのIPと、幅広いジャンルのゲームを世界中のお客様にお届けしています。

    ■ライフエンターテイメント事業:従来のゲーム事業にとらわれない、新たなエンターテインメントの創出により、ライフスタイルを豊かにする経験、体験といった「コト消費」に繋がるサービスを提供しています。オリジナルIPである「パックマン」「アイドルマスター」「テイルズ オブ」シリーズなどのIPの世界観を拡大するライブやイベントの企画、グッズ販売などリアルなエンターテインメントを展開。公式通販サイト「アソビストア」では、ここでしか買えない商品を多数取り揃え、新しい商品やエンターテインメントを提供しています。

  • 企業の特徴

    同社はバンダイナムコホールディングスの中核企業です。「アソビきれない毎日を。」を企業理念とし、ネットワークコンテンツ、糧用ゲーム、ライフエンターテイメントを軸として、世界中のお客様に向けて数多くのエンターテインメントを展開しています。

  • 設立年月

    1955年6月1日

  • 代表者役職

    代表取締役社長

  • 代表者名

    宮河 恭夫

  • 企業の構成

    • 弁護士数(日本資格のみ)

      2

    • 外国法弁護士

      2

  • 資本金

    100億円

  • 本社所在地

    東京都港区芝5-37-8 バンダイナムコ未来研究所

この求人を見た人におすすめの直接応募の求人

弁護士6名と事務スタッフ4名の陣容
  • 勤務地

    東京都

  • 報酬

    1000万円 ~ 2000万円

  • 想定年齢

    25歳 ~ 40歳

  • 対象修習期

    57期 ~ 74期

この求人を見た人におすすめの非公開求人

  • 勤務地

    東京都

  • 給与

    600万円 ~ 940万円

  • 想定年齢

    26歳 ~ 35歳

  • 対象修習期

    65期 ~ 72期

  • 勤務地

    東京都

  • 給与

    700万円 ~ 1100万円

  • 想定年齢

    ~ 39歳

  • 勤務地

    東京都

  • 給与

    600万円 ~ 800万円

  • 想定年齢

    28歳 ~ 35歳

  • 勤務地

    東京都

  • 給与

    600万円 ~ 800万円

  • 想定年齢

    30歳 ~ 50歳

  • 勤務地

    東京都

  • 報酬

    700万円 ~ 1200万円

  • 想定年齢

    27歳 ~ 39歳

  • 対象修習期

    63期 ~ 72期

TOP