弁護士法人鈴木康之法律事務所の求人|弁護士や法務の転職・求人情報なら「弁護士転職.jp」

掲載期間:2020/01/30 ~ 2020/04/30

弁護士法人鈴木康之法律事務所

直接応募の求人

    • ポジション

      経験弁護士 東京オフィス 名古屋オフィス 大阪オフィス(希望勤務地をお知らせください)※修習期50期~71期を想定

    • 勤務地

      東京都、愛知県、大阪府

    • 報酬

      550万円 ~ 800万円

    • 想定年齢

      26歳 ~ 50歳

    • 対象修習期

      50期 ~ 71期

※この求人は直接応募の求人です。
応募は求人企業/事務所へ直接繋がります。

採用者からのメッセージ

【充実したサポートで弁護士が本来業務に専念できる】
設立11年目を迎える弁護士法人 鈴木康之法律事務所は、東京・名古屋・大阪に拠点を置く、主に企業法務および民事案件を取り扱う法律事務所です。損害保険会社、クレジットカード会社、賃貸住宅管理会社等の上場企業を中心に約250社の顧問を務め、金商法、会社法、労働法、保険法、割賦販売法、著作権法、税法、各業法等を用いた予防法務業務、訴訟業務、M&A、知財案件等に数多く関与してきました。近時、当事務所では、クレジットカード会社の債権回収、不動産管理会社の明け渡し訴訟、保険会社の紹介による交通事故対応等の依頼が増加しています。特に若手弁護士の場合は、当該3分野への対応を通じ、弁護士の基礎力を磨いてもらいます。

ただし当事務所では、弁護士が法律相談から事件解決までのすべてのプロセスに付きっ切りになることはありません。弁護士とパラリーガルの役割分担を明確化しており、弁護士が本来担うべき、“顧客とのコミュニケーション・交渉、戦略構築等の業務”に注力できるよう工夫しています。

例えば、交通事故や建物明渡の訴訟関係では、訴状のひな型を独自に構築。そこにパラリーガルが必要要件を当て込み、訴状の原案が仕上がった段階で担当弁護士が事件資料を基にリーガルチェックを行い、提訴を行います。交通事故でお客様が人身傷害を負った場合、治療完了後に後遺症害の申請が必要となります。その損害額算定等の計算式は非常に複雑ですが、あらかじめ計算式のマクロを組み、パラリーガルが必要事項を記入するだけで自動計算できるようにしています。それを逐次カスタマイズして、より運用しやすいものに改善。これらは、数多くの案件を処理するための業務効率化の一環でもあります。しかしそれ以上に、当事務所で働く弁護士に、顧客へのスピーディなサービス提供、および“弁護士としての本来業務”にまい進できる環境を整えたいがゆえの施策といえます。

【仕事の進め方・キャリア/経営層か独立か。キャリアプランに選択肢を提供】
当事務所では、先輩弁護士が手取り足取り教えるということはありません。もちろん、先輩弁護士が相談にのり、管理・監督・助言等を行いますが、基本的には何事もまずご自身の自発性を尊重しています。弁護士は指示待ちではなく、“自ら考え、行動を起こす能力”を鍛えることが大切だと考えています(ただしパラリーガルについては、教育担当がしっかりついて一から教えます)。なぜ、そのような教育方針をとるのか。それは弁護士が、独立・一人立ちした時に困らないように、という思いがあるからです。

当事務所の弁護士には大きく2つの選択肢があります。1つは経営層として当事務所の運営に関わっていく道、もう1つは独立という道です。中核人材として長く勤めてくれる弁護士はもちろんありがたいのですが、「いずれ独立したい」という弁護士も応援したいというのが、私たちの考えです。実際、他所へ移籍した弁護士や独立した弁護士と、共同代理人として案件を進めるということも少なくありません。

代表の鈴木康之は、「弁護士同士の絆を大事に。独立を目指す弁護士を応援し、共に成長していきたい」という思いを持っています。ですから、そうしたキャリア選択も視野に入れ、当事務所で多様な案件を経験し、得意分野を見つけ、経営層となるか独立して協力関係となるか、所属している間に決めてもらえればよいと考えています。

新人1、2年目は事務所案件にしっかり取り組んでいただきますが、3年目以降あるいは即戦力の弁護士なら、個人事件の受任については利益相反にならない範囲であれば受けていただいてかまいません。その場合の納入金は30~40%というケースが多いと思いますが、当事務所の場合は20%、かつ4年目以降の納入金は免除です(国選および法テラスでの受任事件は年数に関わらず納入金は不要)。収入の面においても、やりがいのある事務所ではないかと考えます。

【働き方と風土/代表弁護士の「こうあってほしかった」を叶える】
基本的に、弁護士のスケジュールは自己管理としています。数年前に比べると弁護士含め所員もお子さんのいる家庭が増え、保育園の送り迎え等もあり、出所時間は周囲と協力し合いながら融通を利かせています。時短勤務や在宅勤務も可としているので、家庭の状況に合わせた働き方をする弁護士・所員も多数います。

前述の事務所納入金についてもそうですが、各種職務手当(パラリーガル教育担当手当、新任弁護士教育担当手当、支店責任者手当、債権回収部門支援手当等)を充実させているのも、当事務所の特徴。実はこれらの制度は、代表の鈴木が、自身が若手の頃に「こうあってほしかったこと」であったり、事務所の弁護士・所員と話し合う中で上がった要望に応じて制度化してきたものです。今後も、所員の要望や“時代の流れ”に合わせて、制度・ルールは柔軟に向上させていきます。

【展望/第二創業期の中枢を担うメンバーの参画に期待】
顧問先をはじめとする顧客企業の円滑な経済活動をサポートするべく、ニーズの的確な把握と、杓子定規の対応ではない、現実的かつ顧客に寄り添った解決方法の提案を心掛けています。現在、ありがたいことに安定的に多様な案件が寄せられており、強固な事業基盤を構築できていると思います。設立から11年、事務所にとっての“第二創業期”に突入したタイミングです。今まさに、東京・名古屋・大阪、3拠点の弁護士・パラリーガル等の増員および組織編制等、弁護士法人として中長期のブランディング戦略を推進し始めたところ。進化を求める事務所を一緒に盛り立ててくれる人材の採用が急務です。

弁護士にとって当事務所は、「営業力/案件への迅速な対応力、応用力/経営者・ビジネスの視点/所内外でのコミュニケーション力」が鍛えられる場所であると確信しています。期の若い弁護士にはそうした基礎力を鍛える機会を、中堅弁護士には事務所運営の機会を提供できると考えます。ぜひ皆さんのエントリーをお待ちしております。

【志水弁護士からのメッセージ/仕事のやりがいについて】
私は当事務所に参画する前、弁護士2名の小さな法律事務所を運営していました。しかし徐々に、“仕事内容が固定化されてきた”という不安が生じてきたのです。また、“一人親方”として事務所運営を続けていては、“営業力”に磨きをかけることが難しいとも感じました。「企業法務に関する知見をより深め、幅広い経験をしたい」と思ったことが、当事務所に移籍してきた理由です。

移籍後は様々な顧客を任せてもらい、かつ安定的な案件数と相応の報酬が得られています。“個人事件も自由”なので、この先、弁護士としてのキャリアプランを構築するうえで理想的な環境だと思います。また当事務所の若手から中堅弁護士については、大型案件に長期でかかりきりというケースは少なく、小型ではあるけれど相当な数の依頼に対応するというケースが多くなっています。そういった意味で、様々なお客様と直接対話する機会が非常に多く、ビジネス感覚や経営者の視点を鍛えることができています。またお客様から、直接感謝の言葉をいただけることは、やはり弁護士としてうれしいことですね。

また、何もかも一人で行っていた時と異なり、当事務所では前述のとおりパラリーガルの皆さんが業務を細やかにサポートしてくれるので、弁護士としてやるべき仕事、顧客のための仕事に集中できることも、とてもありがたい環境だと思っています。

東京事務所 弁護士 志水隆一(60期)

企業法務部門 統括マネージャー 中村進

オフィスエントランス(東京)

「長年愛用する机と椅子を持ち込み執務しています」

募集要項

  • ポジション

    経験弁護士 東京オフィス 名古屋オフィス 大阪オフィス(希望勤務地をお知らせください)※修習期50期~71期を想定

  • 業務内容

    ●民事案件、一般企業法務への対応
    現在、民事(交通事故、建物明け渡し等)案件が増加しております。
    ほか、企業法務(契約書関連業務、労働案件等) にも携わっていただく予定です。

    ☆個人受任:可
    当事務所における執務に支障が出ない範囲内で受任を許可。その場合、原則として、報酬として受領した金額の20%に相当する額を事務所に納めていただくことになります。4年目以降は納入金は免除。国選弁護事件および法テラスでの受任事件は上記を事務所に納めていただく必要はありません。

    ●フラットで自由な就業環境ですので、指示待ちの方ではなく、フットワークよく自ら周囲に働きかけのできる方、「自分はこうやりたい、こうなりたい」とビジョンを持って取組める方、発信できる方がフィットします。
    ●若い弁護士の方には、ある程度多く事務所事件(損保側交通事故、建物明け渡し、過払い金関連、労働など:全て企業側)を対応いただきます。特に交通事故案件は、損保会社=コミュニケーション力、加害者・被害者=示談交渉力などが必要となりますので、その能力をしっかり磨いていただきたいと考えています。
    ●企業法務案件は個人で営業しなくても、顧問先などから契約書関連、労働関連、組織再編などの相談、依頼が入ってきます。
    ●独立志向を否定しません。独立後も良い関係を維持していく志向、マインドを持った方歓迎します。

  • 必要な業務経験

    ●修習期 50期くらい~71期の方
    ※50期代の方も、経験分野や志向でフィット感ある方OK。
    ※代表弁護士は55期ですが、気にしない方であれば55期以前の経験豊富な方も歓迎です。
    ●男女問わず
    ●上記案件の対応ができる方、取組みたい方

    <歓迎条件>
    ●一般民事事件の経験、特に交通事故(損保側)の経験、損保の知識のある方は大歓迎
    ●豊富な経験をお持ちの方で、若手育成に取組みたい方(ご経験豊富な方歓迎)
    ●民事から企業法務まで幅広い案件を取り扱いたい方
    ●社会人経験後、弁護士になられた方も活躍しています

    ///ご相談ください///
    ご家族やお子様の関係などで、時間的制約のある方(定時勤務、時短勤務など/報酬はご相談)も遠慮なくご相談ください。ノートPCを貸与、自宅でも業務ができるようにリモートアクセス環境を整備しています。

  • 勤務地

    東京都、愛知県、大阪府

  • 勤務地(詳細)

    東京オフィス:千代田区麹町4丁目7−2 Daiwa麹町4丁目ビル 名古屋オフィス:名古屋市中区丸の内 大阪オフィス:大阪市中央区今橋

  • 報酬

    550万円 ~ 800万円

  • 報酬詳細

    修習期、経験、スキル等によって決定。経験を積んでいただく中で、個人事件も増やしていただければと考えています。時短勤務をご希望の場合の報酬は別途ご相談

  • 想定年齢

    26歳 ~ 50歳

  • 想定年齢(詳細)

    50歳くらいまで

  • 年齢制限の理由

    技能/ノウハウ等の継承の観点から、年齢構成を維持/回復させるために特定年齢層を対象とする

  • 対象修習期

    50期  ~ 71期

  • 弁護士会費の事務所負担

    • 個人負担

  • 個人事件の受任

    • 経費負担:売上の20%の経費負担、4年目以降の納入金は免除。国選および法テラスでの受任事件は年数に関わらず納入金は不要

  • 勤務時間

    10:00~19:00

  • 休日・休暇

    事務所規定による

  • 採用予定人数

    若干名

  • その他補足事項

    顧問先企業多数。民事系経験から、企業法務経験を広げたい方、同僚と切磋琢磨しながら成長したい方などにフィット感のある環境です。土日は原則休み、忙しいときにどちらか出るというイメージです。ご家庭と両立したい女性弁護士も時短勤務等(実績あり)、ご相談ください。

選考プロセス

  • 選考プロセス

    書類選考後、基本面接1回の予定(2回の場合もあり)

事務所情報

  • 事務所名

    弁護士法人鈴木康之法律事務所

  • 事業内容

    ●民事系案件、企業法務系案件の両方を取り扱っています。
    ●代表弁護士(修習期55期)をはじめ52期、53期、旧60期、旧61期の経験豊富なベテラン弁護士から71期修習まで幅広く活躍。
    ●企業法務は全体の40%程度、民事系案件が全体の60%を占め、交通事故や建物明け渡しなどの案件が増加しています。企業法務案件では、損害保険会社や不動産会社、サービス、IT系企業など幅広い企業に対して法律サービスを提供しています。企業法務では、契約書関連業務のほか、労働問題なども相談、訴訟を取り扱うことも多いです。

  • 事務所の特徴

    2009年に設立された事務所です。代表は、55期の弁護士で、顧問会社業務(金融法務・一般企業法務中心)を扱う中規模企業法務系の堀裕法律事務所(現 堀総合法律事務所)に勤務後、現事務所を立ち上げ独立。現在の弁護士数は10数名。企業顧問からの信頼も厚く、顧問社数は250社にものぼります。

  • 設立年月

    2009年

  • 代表者役職

    鈴木 康之

  • 事務所の構成

    • 弁護士数(日本資格のみ)

      12

  • 所在地

    東京都千代田区麹町4-7-2Daiwa麹町4丁目ビル3階

  • URL

この求人を見た人におすすめの直接応募の求人

この求人を見た人におすすめの非公開求人

  • 勤務地

    愛知県

  • 給与

    550万円 ~ 850万円

  • 想定年齢

    26歳 ~ 36歳

  • 対象修習期

    63期 ~ 71期

  • 勤務地

    東京都

  • 給与

    500万円 ~ 700万円

  • 想定年齢

    29歳 ~ 42歳

  • 対象修習期

    70期 ~ 57期

  • 勤務地

    東京都

  • 給与

    500万円 ~ 700万円

  • 想定年齢

    30歳 ~ 45歳

  • 対象修習期

    60期 ~ 70期

  • 勤務地

    東京都

  • 給与

    600万円 ~ 700万円

  • 想定年齢

    27歳 ~ 45歳

  • 対象修習期

    ~ 70期

TOP