弁護士の転職ストーリー2 より大規模な案件に関わるため、大阪の法律事務所から東京の大手渉外法律事務所へ|弁護士や法務の転職・求人情報なら「弁護士転職.jp」

転職成功事例

弁護士の転職ストーリー2 より大規模な案件に関わるため、大阪の法律事務所から東京の大手渉外法律事務所へ

企業法務のプロフェッショナルとして、約六年間ジェネラルコーポレート・破産再生・知的財産等、幅広く案件を担当されている方です。今後は、より大規模な案件に関わり、自信のスキルを高めたいと考えるようになり、弊社へご相談をいただきました。現在は都内の大手渉外法律事務所でM&A案件等を担当しキャリアを深められています。

転職のきっかけ

修習後は地元大阪の法律事務所へ就職。ジェネラルコーポレートから破産再生や知的財産案件まで、クライアント企業と近い距離で一通りの案件処理を経験できる機会に恵まれました。このまま経験を積んでいけば数年でパートナーへの昇格が確信できる環境でもありました。
ただ、ジェネラリストとしてのスキルを身に着ける一方で、こうして培ったスキルをより大きな案件で活かしてみたいという気持ちが年々に大きくなり、33歳で新たなチャレンジの場を求めて、大型案件に携わることができる法律事務所探しを始めました。

豊富な転職支援実績に基づいた、的確なキャリアアドバイス

自分で色々と調べた結果、東京の大手渉外法律事務所への転職が最も希望に合っていると思っていましたが、東京でのツテはなかったため、法律事務所の求人情報等、情報収集はインターネットに頼っていましたね。同期が入っていた弁護士会の集会で教えられたのが株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社(以下、C&RLA社)でした。
弁護士に特化した専任エージェントの方から受けたキャリアコンサルティングは今思い返してみても適切なものであったと考えています。高度な専門性が要求される大手渉外法律事務所が求めるキャリアと、自身のキャリアには若干の乖離があること。一方でスキルや経験は不足がなく、面接でいかに自分をプレゼンするかで面接官に与える印象を変えられることなど、徹底したコンサルティングが行なわれました。彼らは私たち弁護士のキャリアの強みを見つけ、採用側に魅力的な人材に見せるプロですね。
弁護士は法廷でのプレゼンテーションには自信がありますが、自分自身のこととなるとどのように伝えるべきかわからなくなってしまう。エージェントの過去の豊富な経験、実績に基づくアドバイスは大いに私の転職活動に役立ちました。

ジェネラリストとしての力を活かして大型案件の担当に

その後、弊社エージェントがご紹介した都内大手渉外法律事務所の選考に見事通過。
現在は同事務所でM&Aを中心としたチームに所属。前事務所でジェネラリストとして培った経験は大型案件で全体を把握する際に大いに役立っているとのことです。


大手渉外法律事務所の面接では応募者のキャリアを厳しい目で審査されるため、選考通過が容易ではありません。しかしながら、事務所の現在の人材ニーズを把握し、自身の経験と照らし合わせた上で、面接で適切な対応ができれば、他と差がつく評価を得られます。転職エージェントの役割は単なる求人紹介で終わるのではなく、いかに面接を通過し内定を得て、希望のキャリアを形成するかまでの総合的なコンサルティングを行うことであるのが良くわかるケースでした。


※掲載内容はインタビュー当時のものです。

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

TOP