弁護士エージェントがこっそり教える面接虎の巻|弁護士や法務の転職・求人情報なら弁護士転職.jp

  • C&R リーガル・エージェンシー社

  • 03-4550-0095

  • 受付時間 : 9:30~18:30(土日祝日除く)

転職ノウハウ:弁護士エージェントがこっそり教える面接虎の巻

今回の転職コラムは、弁護士エージェントが語る『面接』対策です。これからアドバイスさせていただくことは基本的ではありますが、面接の合否を左右する非常に重要なことですので、面接に臨むにあたりぜひ心がけていただきたいです。
履歴書や職務経歴書は、例えて言うなら『お見合い写真』。それを見て、“会いたい”か否かを判断します。そして、面接は『お見合い』のようなもの。実際に会って話すことで、応募者側からすると“入所(入社)したいか”、採用者側からすると“入所(入社)してほしいか“を判断する場です。また、あなたの希望する条件(待遇、役職など)が高ければ、その条件を勝ち取るために、採用者側には“(それだけの条件を出して)採用したい人材”であることをアピールしないといけません。
『面接』は、あなたの挑戦したい仕事、希望する条件を得るためのオーディションの場です。人気のあるオーディション(魅力ある事務所・会社・仕事)にはライバル(他候補者)もいますので、勝ち残るためには入念な心構えと準備が必要です。

(1)第一印象

弁護士は高度専門職でありながら、職務上接する人が多く、サービス業の側面もあります。面接時に、身だしなみや立ち振る舞いも確認されていることは少なくありません。
さらに、“第一印象”は書き換え不能ですので、なるべく印象を良くしましょう。例えば、法廷では裁判官の心証を良くするために、清潔感のある服を着て、話し方などに気を遣いますよね。
ビジネスパーソンとしては当たり前のことではありますが、下記のポイントをチェックして面接に臨みましょう。
清潔感のある装いと髪型
・スーツやシャツにシワはありませんか?
・靴が磨かれていますか?
・髪型は整っていますか?
・鞄はビジネスシーンに相応しいものですか?
・メイクやネイル、アクセサリーはナチュラルですか?
明るく笑顔
初歩的なことですが、他人とコミュニケーションをとる上での基本です!
はっきりとした口調で、要点をまとめて話す
弁護士で意外に多いのが、冗長な会話です。思い当たる方は、ご注意ください!

(2)前向きな発言

転職を考え始めたきっかけは、代表弁護士と相性が合わない、現在の待遇が悪い、仕事の領域を広げたい……など、マイナス要因の方が大半です。あくまできっかけですので、それ自体をご自身の心の中で持ち続けることは問題ありません。ただし、面接の場でマイナスの発言をすると、先方の心証は悪くなるでしょう。ですから面接時は、なるべく前向きな表現でアピールすることをお勧めします。
面接時、過去の会社や上司の批判・批評・否定は絶対に避けましょう。これが理由で、面接を通過しない方は結構いらっしゃいます。
表現の仕方次第で、前向きな発言になりますので「転職理由」「志望動機」を前向きな言葉でうまく伝えたい場合は、弁護士専門のエージェントにご相談ください。

(3)経歴ストーリー

面接で、絶対と言っていいほど聞かれるのが、これまでの経歴。「なぜ弁護士になったのか」「なぜ初職(最初に入った事務所、会社)を選んだのか」「なぜ転職するのか」(複数転職されている方は、それぞれの入所(入社)理由と、転職理由)、そして「なぜ、今ここにいるのか(=応募動機、志望理由)」のそれぞれの“点”がしっかり“線”で繋がるように、ストーリーを意識してシナリオを準備しましょう。
転職理由の表現方法を間違える(批判・批評・否定が多い)と、「また何かあれば、転職してしまうだろう」と取られ、選考が上手くいかないことが多いです。
面接官が、「今ここにいる理由」「自社で活躍のイメージ」を抱ければ、面接通過の可能性も高くなります。

(4)会話を広げ、続ける

面接の中盤以降、質疑応答スタイルになった際には、一問一答スタイルではなく、会話を広げ、続けることを意識して面接官とコミュニケーションをとりましょう。
また、自身から質問をすることで、積極性をアピールできます。ただし、質問内容によっては、「企業研究してきていないな」と思われてしまいます。HPなどを見て、企業や業界研究をした上で、応募ポジションの仕事内容や採用ニーズを求人票で再度確認し、ご自身なりに想像力を膨らませ、質問を考えるといいでしょう。ただ、待遇面の質問は、内定後にすることをお勧めします。
会話が長い、話が逸れることは控えてほしいのですが、自身のコミュニケーション力をアピールするためにも、1つの話題で会話のラリーが2~3回続くと良いでしょう。

(5)熱意

面接時の発言で、嘘をついてはいけません。仮に嘘をついて、入所(入社)しても、自分の首を絞めるだけです。
経験不足などは、“熱意”でカバーしましょう。熱意が人の心を動かします。事務所(会社)に対しての熱意、仕事内容に対しての熱意をしっかりアピールしましょう。
C&Rリーガル・エージェンシー社では、弁護士専門のエージェントによる模擬面接や添削による面接対策アドバイスを実施しています。担当エージェントに気軽にご相談ください。

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

TOP