転職エージェントと転職サイト・求人サイトの違い|弁護士や法務の転職・求人情報なら「弁護士転職.jp」

転職ノウハウ

転職エージェントと転職サイト・求人サイトの違い

目次
  • 転職サイト・求人サイト

  • 転職エージェント(人材紹介会社)

  • 転職エージェントの役割

  • 転職エージェントサービスご利用の流れ

  • まとめ

転職活動を考えるとき、まずは転職エージェント(人材紹介会社)や転職サイト・求人サイトを利用しようと思われる方が多いのではないかと思います。両者には実は大きな違いがあることをご存知でしょうか。このコラムでは、転職エージェントと転職サイト・求人サイトの違いについて解説します。

転職サイト・求人サイト

 まず、転職サイト・求人サイトについてです。転職を思い立ったときに、大半の方が最初に行うのが転職サイト・求人サイトの閲覧ではないでしょうか。
転職サイト・求人サイトとは、転職を考えている人が自ら求人情報を検索し、応募していくための媒体です。応募者側は、働きたいエリアや職種、業務内容、希望年収などを検索条件に入れて現在どのような求人があるかを探し、これだと思う求人が見つかれば、その転職サイト・求人サイトに会員登録をして応募していくという流れになります。
 転職サイト・求人サイト上で検索できる求人情報には、転職者自身が直接採用主に応募するタイプの「広告求人(直接応募型)」と、採用主から依頼された人材紹介会社が保有する求人である「エージェント求人」や「広告求人(エージェント経由型)」があります。エージェント求人の場合、採用先の法律事務所名や企業名が匿名掲載となっている場合も多いです。広告求人(直接応募型)の場合、応募者から内定に至るまでのすべての手続を応募者自身が行う必要がありますが、エージェント求人や広告求人(エージェント経由型)の場合は、応募者は一度エージェントと面談をしてから本応募をすることになり、以下で詳述する「転職エージェント」を利用する場合とほぼ同様のサポートを受けられることになります。
 転職サイト・求人サイトは、気軽に検索し、情報収集できるという点がメリットです。転職という言葉が頭をよぎってはいるけれども本当に転職したいかどうかが定まっていないという段階で、転職エージェントに相談することに抵抗がある場合には、転職サイト・求人サイトの利用が便利でしょう。また、実際の相場を度外視して、とにかく希望する転職条件を全部詰め込んで検索してみたい!というようなときにも、転職サイト・求人サイトなら気軽に検索してみることができます。ただし、上記のとおり、実際に応募する段階では、広告求人(直接応募型)の場合には、応募書類の最終確認、面接日程の調整、面接準備、条件面の交渉などといった作業を、現在の業務の合間にご自身で行っていかなければならない点に注意してください。
 また、サイト上の情報はすべて平等に公開されているので、条件のよい求人には応募者が殺到し、早い者勝ちとなる可能性もあります。転職サイト・求人サイトを利用する際には、頻繁にサイトにアクセスし、より良い求人情報を見逃さないようにしておくこともポイントになるでしょう。

転職エージェント(人材紹介会社)

 これに対して、転職エージェントの場合、データ上の情報提供にとどまらず、実際に担当者(転職エージェント)が付いて転職をサポートしていきます。転職エージェントを利用すれば、必要な情報を提供してもらえることはもちろん、求人リサーチの仕方、応募先の選び方、履歴書・職務経歴書などの添削、面接対策、面接の日程調整、条件交渉等といった転職活動全般に渡るサポートを無料で受けられることになります。
 転職サイト・求人サイトに掲載されている公開情報とは異なり、「非公開求人」を保有しているというのも転職エージェントの特徴のひとつです。広く応募者を募ってマッチングを図るのではなく、自社が求める人材だけにリーチしたいという企業・法律事務所は、人材紹介の形で、転職エージェント経由での採用活動を行う場合があるわけです。
「弁護士転職.jp」を運営する弊社も、この転職エージェントのひとつです。
では、転職エージェントの実際の役割とは何なのか。弊社の特徴も交えながらご説明していきたいと思います。

転職エージェントの役割

転職エージェントは、転職支援のプロです。転職活動を行う方であれば誰しも、自身の転職マーケットにおける市場価値はどうなのか、今後のキャリアをどう形成していくのか、という点に関心があるはずです。転職エージェントは、客観的な見地から、これまでのキャリアを踏まえた「強み」や「特性」を分析します。また、弁護士としての経験が浅い、育児でしばらく業務量を減らしていた等、「弱み」となりそうな要素があるときには、それをカバーするアドバイスを行いながら、希望に沿った転職ができるよう、応募者との間の橋渡しをしていきます。

 転職エージェントにもそれぞれ特性があります。幅広い業種(営業職から、人事・総務などの管理部門職、エンジニアまで)に対応することをセールスポイントとしている転職エージェントもあれば、「士業専門」のように、特定の業種・分野に絞って、その業種・分野の案件を豊富に扱う転職エージェントもあります。業種・分野を絞っている転職エージェントは、その業種・分野での転職活動を熟知しているため、応募書類や面接に関して、より踏み込んだアドバイスができるといえるでしょう。
 弁護士として転職活動をしたい場合には、「仕業専門」の転職エージェントや、弊社のように「弁護士」の転職に特化した転職エージェントを利用することをおすすめします。

 転職エージェントの中でも、弊社の特徴として挙げられるのは、①弁護士の転職について、多数の情報や多角的視点を有していること、②生涯サポートを前提としていること、です。
 まず、①についてですが、弊社は弁護士に特化した転職エージェントとして活動していることから、求人側・応募側それぞれの立場にある多数の弁護士と接しています。必然的に、法律事務所の採用担当弁護士、代表弁護士はもちろん、応募者側として転職を希望している幅広い世代の弁護士からもお話を伺うことになり、多角的視点を持ってアドバイスを行うことが可能です。また、弊社はAttorney’s MAGAGINEという、リーガルプロフェッショナルのヒューマンドキュメント雑誌を発行しており、その取材の際に、各方面の弁護士から実務の最前線に関する話を聞いています。このように、最新情報を含む多くの情報に基づいて、多角的なご提案・アドバイスができることが弊社の強みです。
 また、上記のとおり、単なる採用活動のみならず、雑誌の取材という形でも多数の弁護士・法律事務所と信頼関係を作ってきているため、非公開求人が集まりやすいというのも弊社の特徴といえます。なお、弊社が保有する求人は、企業と法律事務所が概ね同程度の割合で、企業は有名な大手企業からベンチャーまで、法律事務所はいわゆる四大(五大)法律事務所からひとり事務所まで、多岐にわたります。

 次に、②についてですが、転職エージェントの中には、転職活動を行うのに通常必要とされる期間(主に数か月)のみのサポートを前提としているところも多くあります。しかし、弊社は生涯のキャリアを考えてサポートすることを重視しています。転職するかどうか迷っている段階の方を数年かけてサポートすることもあれば、弊社を利用して転職された方が今度は採用側の弁護士として弊社と関わるようになった例もあります。
 ちなみに、この記事の筆者も、最初は弁護士としての転職を考えて弊社に応募し(約5年前のことです)、その後紆余曲折を経て、現在このコラムの執筆を担当しています。

転職エージェントサービスご利用の流れ

 転職エージェントを利用する場合、まずはキャリアカウンセリングを行うのが一般的です。これまでの経歴を聴き取り、アピールポイントや適性を考慮しつつ転職活動の方向性を明確にしていきます。ご自身でも気付いていなかったような潜在的なニーズに気付かれる方も少なくありません。キャリアカウンセリングは、転職エージェントが実際に求人を紹介する土台ともなるので、30分から1時間程度かけて聴き取りを行うことが一般的です。キャリアカウンセリングを行ったあとは、その結果に基づいて求人票をご紹介し、応募する求人が決まったら、転職エージェントが履歴書・職務経歴書をもって応募を行います(これを「推薦」と呼ぶこともあります)。
 書類選考の結果通知は転職エージェント経由で知らされることになり、書類選考に通過した場合には、一次面接の日程調整も転職エージェントが行います。面接への同席はしませんが、面接後には面接内容、手応え、面接で感じた企業/法律事務所の魅力や懸念点、その時点での志望度(次の段階に進みたいか辞退したいか)等を詳細にフィードバックしていただき、フィードバック内容に沿ったフォローやサポートを行います。一次面接を通過した場合、同様の流れで二次、三次選考の日程調整からフィードバックまでを行い、最後は内定が出たあとの内定応諾/辞退の連絡までを転職エージェントが担当します。
 内定応諾し、晴れて勤務開始日が決まったあとは、応募者と採用者が直接やりとりをして、入社に向けた調整をおこなっていくことになります。
◎「C&Rリーガル・エージェンシー社」サービスの流れはこちら→ご利用ガイド

まとめ

 このように、転職エージェント(人材紹介会社)と転職サイト・求人サイトは性質が大きく異なるものです。双方の特徴、メリットを十分理解して、ご活用されることをお勧めいたします。
 C&Rリーガル・エージェンシー社は、弁護士に特化した専任エージェントとして,総合的なサポートを行っております。これまでのご経験を活かしたマッチングや、ご経歴に即したアドバイスなど、最新の動向を踏まえて対応させていただきます。ぜひ一度ご相談ください。また、記事の内容にありますとおり、「生涯サポート」が弊社の特徴のひとつです。弁護士人生を通して何度でもご相談いただければ幸いです。

記事提供ライター

社会人経験後、法科大学院を経て司法試験合格(弁護士登録)。約7年の実務経験を経て、現在は子育て中心の生活をしながら、司法試験受験指導、法務翻訳、法律ライターなど、法的知識を活かして幅広く活動している。

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

TOP