【弁護士】転職成功談 第九弾 経験の少なさを克服して短期での転職を実現させた例|弁護士や法務の転職・求人情報なら「弁護士転職.jp」

転職成功事例

【弁護士】転職成功談 第九弾 経験の少なさを克服して短期での転職を実現させた例

目次
  • 1.プロフィール

  • 2.転職を考えたきっかけ

  • 3.転職で実現したかったこと

  • 4.転職活動中に考えたこと、苦労したことなど

  • 5.C&Rリーガル・エージェンシー社の活用方法、利用して良かったこと

  • 6.転職者へのアドバイス

1.プロフィール

氏名:Bさん
年齢:30代
性別:女性
職業:弁護士
修習期:70期
転職活動期間:2021年2月~5月頃(キャリア面談から3か月で内定)
前職: 民事系法律事務所
現職: ベンチャー企業

2.転職を考えたきっかけ

 企業法務はもともと興味がありました。司法修習時代に「一度企業に入ってしまうと一般民事事件の経験を積むことが難しくなるため、後から法律事務所に転職することが難しくなる。法律事務所から企業への転職のほうが相対的に実現しやすい」という話を聞き、また、弁護士になった以上は身近な民事事件を通して人の役に立ちたいという思いもあったため、まずは一般民事を中心に扱う法律事務所に就職しましたが、所属していた事務所は個人単位で案件に携わることが多かったこともあり、次第に「やはり企業の一員としてチームで仕事をしてみたい」という気持ちが大きくなってきました。
 また、子育てをしながら仕事をしていく中で、「子供が学校から帰ってきたときには家で待っていてあげたい」という思いが強くなってきたことも理由の一つです。最初の所属事務所も含め、一般的に法律事務所で勤務している弁護士は、自宅での作業も含めれば非常に長時間仕事をしているというイメージでしたので、勤務時間が固定された企業の方が仕事と家庭のバランスをとりやすいのではと考えました。

3.転職で実現したかったこと

 きっかけともつながりますが、まずは仕事の内容として企業法務分野を扱いたいという希望がありました。特にチームで1つの案件に携わるという経験を積んでみたかったという点が大きいです。
 働き方としては、仕事と家庭(特に子育て)との両立、特に子供との時間をしっかり確保することを重視していましたので、リモートワークが充実している企業、残業が少ない企業を希望していました。その一方で、法律事務所時代の収入を維持できるかどうかも重視していました。

4.転職活動中に考えたこと、苦労したことなど

 全体の状況として苦労した点は、コロナ禍の影響で求人数が少なく、そもそもの選択肢が少ない状況で転職活動をしなければならなかったことです。
 私個人の状況としては、企業法務の経験が全くといっていいほどなかったため、受け入れてくれる企業があるかどうかを心配していました。そこで、この点を克服するため、企業法務経験がないことは正直に伝えた上で「経験こそないが、新しい分野であっても熱意とスピード感を持って仕事を覚えていくことができる」とアピールしました。その際、これまで担当してきた案件数や事件範囲を示すことで主張に説得力を持たせるよう意識していました。経験がないことは変えようのない事実ですが、それを差し引いても「この人ならやってくれるはずだ」と企業に思ってもらえれば採用につながると思います。
 また、顧客との関わり方や事務所内でのコミュニケーションの取り方の経験等も伝えることによって、社内でも社外でも良好な関係を築けることをアピールしました。

5.C&Rリーガル・エージェンシー社の活用方法、利用して良かったこと

 C&Rリーガル・エージェンシー社のような転職エージェントを利用しなかった場合、各企業と直接やり取りすることになりますが、その場合、疑問に思っていることをどこまで率直に質問していいのだろうかと悩む場面も多かっただろうと思います。特に、「収入を維持したい」「残業を少なくしたい」というような希望は、応募者側からはなかなか言いづらいこともあります。エージェントに間に入っていただけたことで、気軽に質問ができた点はとても良かったです。
 また、今まで企業の面接を受けたことがなかったので、面接の対策や事前準備について詳しく教えていただけた点も助かりました。

6.転職者へのアドバイス

 コロナ禍で求人数も少なく、私自身にも企業法務経験がないということで、転職までは時間がかかるかもしれないと思っていましたが、結果としては比較的短期間で採用につながることができました。どのよう求人があるのかはタイミング次第で変わりますので、今すぐ転職したいというわけではなくても、少しでも転職を考えているのであれば、エージェントに登録だけでもしてみるとよいと思います。担当のエージェントから情報をもらってやりとりをしていく中で、ふとしたご縁につながることもあるように感じます。


※記事内の情報は2021年10月のものです。

記事提供ライター

社会人経験後、法科大学院を経て司法試験合格(弁護士登録)。約7年の実務経験を経て、現在は子育て中心の生活をしながら、司法試験受験指導、法務翻訳、法律ライターなど、法的知識を活かして幅広く活動している。

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

TOP